猫のフィラリア症|スポットタイプで安心なレボリューション猫用!

スポットタイプで安心なレボリューション猫用!

猫のフィラリア症

倒れた瓶と薬

フィラリア症は、レボリューションなどのフィラリア予防薬を投与するだけで確実に予防することのできる病気です。そのため、フィラリア症の一番の治療方法は予防だと言われています。しかし、生後すぐには使用できる医薬品がありませんし、夏の間だけ蚊が生息しているとは限りません。投与し忘れて予防しきれなかったというケースもあるので、しっかりと予防をしなければいけません。猫がフィラリア症にかかるとどうなってしまうのかと言いますと、まずは体内に侵入した寄生虫が5〜6年かけて成虫へと成長を続けます。犬の場合なら、1,2匹程度の数では重症にはならないのですが、猫の場合、寄生虫が1,2匹体内に侵入しただけでも危険な状態となります。なぜなら、犬に比べると猫の臓器はとても小さく、数匹寄生虫が臓器にたまっているだけで詰まってしまうほどの小さい臓器となっています。寄生虫自体は、心臓などの生きるために必要な臓器を好みむので、猫の体内に入り心臓などの臓器を見つけてしまうととても危険です。治療法として、手術をする方法がありますが、猫は臓器が小さいので手術をするのがとても難しいです。高度な技術が必要となってくるため、成功する確率も低く、猫の体力が手術をしている間に耐えていられるかさえも分かりません。臓器の機能が低下しているので、体力が残っているのかは分かりません。手術に成功したとしても後遺症は残ってしまう可能性が非常に高く、やはり感染してしまってからでは遅いと言えます。一番の治療法が予防であると言ったように、命をおとす危険性のある病気でも確実に予防することはできるので、投与し忘れや誤った投与方法をしないように気を付けましょう。飼い主の心掛け一つでペットの命が助かります。大事な家族は飼い主の手で守りましょう。

個人で利用する分

黄色の薬

個人輸入代行を利用すると、レボリューションなどの医薬品も購入できるようになっています。個人輸入代行を初めて利用する人にとっては、不安な点も多いと思うので、ここでは個人輸入代行について紹介していきます!

記事一覧

カプセルと粉薬 「スポットタイプで安心なレボリューション猫用!」の記事一覧です。

↑ PAGE TOP